2.2 表の定義と削除

以下を確認します。

  • CREATE TABLE文で表を定義する
  • DROP TABLE文で表を削除する

CREATE TABLE文(表の定義)

[admin@host1 ~]$ sudo -iu postgres
[sudo] admin のパスワード: ※adminユーザのパスワードを入力
[postgres@host1 ~]$ psql ossdb ※postgresユーザでossdbに接続
psql (13.14)
"help"でヘルプを表示します。

ossdb=# CREATE TABLE employee ( --CREATE TABLE文
    id INTEGER UNIQUE,
    name TEXT,
    section TEXT,
    birth DATE);
CREATE TABLE
ossdb=# \d ※ossdbにemployee表が作成できたことを確認
             リレーション一覧
 スキーマ |   名前   |  タイプ  |  所有者
----------+----------+----------+----------
 public   | employee | テーブル | postgres
(1 行)

ossdb=# \d employee ※employee表の列構成を確認
                 テーブル"public.employee"
   列    | タイプ  | 照合順序 | Null 値を許容 | デフォルト
---------+---------+----------+---------------+------------
 id      | integer |          |               |
 name    | text    |          |               |
 section | text    |          |               |
 birth   | date    |          |               |
インデックス:
    "employee_id_key" UNIQUE CONSTRAINT, btree (id)

ossdb=#

CREATE TABLE文で作成したemployee表に、id, name, section, birth の4列が存在し、それぞれのタイプ(データ型)が integer, text, text, date であることを確認してください。

DROP TABLE文(表の削除)

ossdb=# DROP TABLE employee; --DROP TABLE文
DROP TABLE
ossdb=# \d employee
"employee"という名前のリレーションは見つかりませんでした。
ossdb=# CREATE TABLE employee ( --CREATE TABLE文を再度入力
    id INTEGER UNIQUE,
    name TEXT,
    section TEXT,
    birth DATE);
CREATE TABLE
ossdb=# \d
             リレーション一覧
 スキーマ |   名前   |  タイプ  |  所有者
----------+----------+----------+----------
 public   | employee | テーブル | postgres
(1 行)

ossdb=#

DROP TABLE文でemployee表が削除されたことを確認してください。次の節でemployee表を使用するので、CREATE TABLE文で再度employee表を作成しておきます。