トピックアウトライン

  • 一般

  • 1 実習環境の構築

    この資料で使用するPostgreSQLの実習環境の構築方法について説明します。環境構築は、OS管理者(rootユーザ)、またはOS管理者権限(sudoコマンド)を行使できるユーザで行います。

    • ブック アイコン

      この章では、実習環境の構築方法を説明します。実習環境は以下の手順で構築します。

      1.1 PostgreSQLのインストールと初期設定
      1.2 実習用データベースの作成

      なお、ここでは実習環境を構築するための基本的な手順を示すに留め、コマンド等の詳しい使用方法については後の章で改めて説明することにします。

  • 2 SQL入門

    • ブック アイコン

      この章では、SQLの初歩的な事項について説明します。

      2.1 リレーショナルデータベースとSQL
      2.2 表の定義と削除
      2.3 データの入力、検索、更新、削除

      なお、SQLの詳しい使用方法については後の章で改めて説明することにします。

  • 3 SQL言語 前編

  • 4 SQL言語 後編

  • 5 クライアントアプリケーション【作成途中】

    • ブック アイコン

      この章では、PostgreSQLのクライアントアプリケーションと関連するコマンドついて解説します。

      5.1 対話型ターミナル
      5.2 ユーザの管理
      5.3 データベースの作成
      5.4 データベースのバックアップ
      5.5 バキューム処理

  • 6 サーバアプリケーション【作成途中】

    • ブック アイコン

      この章では、PostgreSQLのサーバアプリケーションと関連するコマンドついて解説します。

      6.1 データベースの初期化 (initdb)
      6.2 設定ファイル (postgresql.conf/pg_hba.conf)
      6.3 サーバの起動と終了 (pg_ctrl/systemctl)

  • 索引【作成途中】